薄毛の原因は食生活の乱れから?



女性の薄毛の原因で食生活があげられますが、その中でも肉類中心の食生活にかたよっている と薄毛になる原因の一つです。
肉類には「動物性たんぱく質」という栄養分が含まれています。


たんぱく質という人間が生きていくうえで必要な栄養分が含まれていますがこればかりとりすぎるというのは
薄毛を引き起こす大きな要因となっています。


日本人は元来「農耕民族」ですから欧米人ほどの「動物性たんぱく質」は不要です。
食生活が欧米化してくるとどうしても体に支障がでてくるのは当然です。



そのひとつが薄毛につながってくるということです。
またあまり塩分ばかりとるのもよくないでしょう。


塩分は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は老化を早めることになります。

老化がすすめば当然薄の進行を早めます。
しかし髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質からできています。


たんぱく質が不足することによって髪が細くなったり、弱くなったりして薄毛を引き起こさせます。
良質のよいたんぱく質をバランスよくとることが必要になってきます。


ビタミンにもミネラルにも、たくさんの種類がありますので、同じような食事内容を何回も繰り返さないようにして、また好き嫌いをなくして出来るだけたくさんの種類の食品を食べることを意識すればいいでしょう。



女性と髪 切っても切れない大切なものです「髪は女の命」です。
薄毛になりそのことに端を発してストレスがたまりますます薄毛に・・・・という悪循環を繰り返さないためにも普段の
食事には気をつけましょう。




posted by 髪の毛ふさふさ真っ黒 at | 薄毛・脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。