三善英史さんはかつらそれとも自毛どちらなの??


昨夜、ABCテレビの「神助くん」の番組内でゲストに漫才師のオール阪神さんと一緒(同じチームで)に三善英史さんが出演されていましたね。
懐かしいですね、何年ぶりにテレビで見たことでしょう。



でも昨夜見た三善英史さんは、「あっ かつらだ」と感じました。現在は55歳とか、その歳であの髪型はどう見てもかつらにしか見えませんでしたが、本当はどうなの???

いま。あなたに必要なのは

シャンプー
育毛
発毛
かつら
スキンヘッド
アイコニック


かつらであろうが自毛であろうがかまいませんが、なぜオール阪神さんと。。。。ともって調べてみるとお笑いの世界にも足突っ込んでいるのですね



円山町の芸者の息子として生まれる。端正な顔立ちとプロポーションが目を引き渋谷でスカウトされ、歌手となる。

1972年、デビュー曲『雨』がいきなりの大ヒットを飛ばし、同年、第14回日本レコード大賞・新人賞、新宿音楽祭・銀賞、第3回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞を獲得。


翌1973年、『円山・花町・母の町』でNHK紅白歌合戦に初出場し、以後1975年まで出場を果たす。

ちなみに『円山・花町・母の町』では当初の約束ではシングルとして発表しないことになっていたにもかかわらず、本人の出生のことがプロモーションの一環として利用されたことが不本意らしく本人から好んで話すことは多くない。



その後に発表した曲はヒットに恵まれていないが、俳優やタレントとしても活動している。

2008年、元ちゃらんぽらんの富好真とお笑いコンビ「みよしとみよし」を結成[1]、同年のM-1グランプリにも出場している。結果は2回戦敗退。


posted by 髪の毛ふさふさ真っ黒 at | かつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。