酒・タバコは髪に悪影響


現在社会においてはストレスのない生活は考えにくいものです。
さまざまなストレスを解消するために酒・タバコも必需品かも知れません。が乱れた食生活とともに、ストレスは髪の発育に悪影響を与える大きな要因になります。


それだけにストレスを発散する手段はとても重要ですが、方法によっては髪に悪影響を及ぼしかねない。


酒は適量の場合は、ストレスの解消ならびに血液の循環機能を高める効果がありますが、慢性的な飲酒には男性ホルモンに作用して脱毛を促進する可能性があります。


また慢性的な飲酒は内臓系の機能を害し髪に与える影響も大きくなりますので、適量な飲酒を心がけると同時に休肝日を設けて自分の適量を知りましょう。


またタバコに関してはストレスの発散以外健康的なメリットはありません。”百害あって一利なし”というのがタバコです。
ニコチンの血管収縮作用が血行不良をもたらし、毛根に栄養が行き渡りづらくなる可能性があります。



また喫煙者の髪に付いたニコチンの臭いはシャンプー・リンスしないとなかなか取れないものです。
髪のためにも、ストレスの解消に酒・タバコに頼ることなくスポーツや趣味などで解消する手段を試みましょう。 
posted by 髪の毛ふさふさ真っ黒 at | 髪について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康食品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。