人工植毛の危険性とその後の治療


いま。あなたに必要なのは

シャンプー
育毛
発毛
かつら
スキンヘッド
アイコニック


人工植毛の失敗談などは、友人の男性かつら専門店の店長からよく聞かされていました。男性かつら専門店に来るには悩みぬいた末のことでしょうが、悲惨な頭皮の状態で来るそうです。


植毛した髪は切れますので、周囲にまた植毛して、またそれが切れて、また植毛・・・・と繰り返している状態ですが、植毛した部分は化膿して雑菌におかされて見るも無残な頭皮になっているらしいです。


自毛の植毛もありますが、大半は人工毛の植毛とか・・・人工毛とは化学合成繊維、ナイロン、とかポリエステルなどの合成繊維が使われます。


衣料とかかつらなどは人体を被うのもですから害も少ないでしょうが、人工植毛となると別ですね

頭皮に毛根にあたる部分を埋め込むのですから当然の如く拒否反応も出来来るでしょう。


個人差はあるようですが植毛して数日経過した頃から植毛した部分がかゆみに襲われるそうです。


下着に髪毛1本入ってもかゆく感じますのに、頭皮に人工毛を埋め込むのですから、それの数十箇所〜数百箇所に化学合成繊維を埋め込めば拒否反応がないほうがおかしいでしょう。。。


かゆみに耐えかねてかきむしりたくなるそうです。するとそこから化膿してくる⇒雑菌がはいる・・・・その繰り返しだそうです。また一度埋め込まれた人工毛は根元のみが頭皮に残った状態です。


人工毛の根元を取り除くには手術が必要らしいです。
簡単に取り除けないということです。毛髪部分は切れても埋め込まれた部分は頭皮に残っている状態です。

それに費用は結構高くつくらしいです。絶えず抜けた部分(髪が切れた部分)をまた植毛しなくてはならないので。。。。。話を聞くだけでも痛々しいですね。


posted by 髪の毛ふさふさ真っ黒 at | 植毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。