抗がん剤治療後の医療用かつら



最近は若い人でも抗がん剤治療を受けられる方が多いと聞きます。

女性の場合は乳がん等で抗がん剤の治療を受けられる方も多くいるとききます。


乳がんは女性特有かと思われがちですが、男性にも乳房がある以上 男性でも乳がんになる可能性は十分にあるそうですが、確率は女性に比べて低いようです。。




抗がん剤治療をしたからといって必ず脱毛が始まるとは限りません、

抗がん剤の副作用による脱毛の程度は、人によって個人差があります。

副作用がきついと言われている抗がん剤を投与しても、あまり脱毛しない人もいます。



抜け方もさまざまです。

頭頂部が抜ける人、全体にまばらになる人、頭部全般にわたって抜ける人、中には体毛から眉毛までも抜ける人もいます。



やはり女性にとっては髪は命です。髪を失うことは精神的なショックも大きいようです。


そのような女性のために、医療用かつらなどが販売されています。また多くの女性が医療用かつらを着用しているそうです。


医療用かつら以外には帽子、バンダナなども利用されているようです。

病院内(大きな病院)にも医療用かつらの販売店が入っているところが多いようですね。それだけ需要があると言うことなんでしょうね。



精神的なショックを和らげるためには必需品かもしれません。それなのになぜ医療控除が受けられない?

確定申告時に税務署に聞いたところでは”現在は医療用かつら”の医療控除を認めていません。との冷たい言葉でした。

高級人毛100%の高品質医療用かつら。医療用かつら使用者の声から生まれたオリジナルデザイン!...

posted by 髪の毛ふさふさ真っ黒 at | 医療用かつら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康食品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。